毎回毎回少しずつですが、いろいろとWordPressをカスタマイズしていっていますが、先に報告した通り、Adseneの審査も無事合格したということで、いよいよAMP化をしてみました。

手軽にすぐにAMP化できるのでWordPress公式のプラグインでもある「AMP」を使いました。

基本的にはインストールして有効化すればすぐにAMP化されますが、設定画面の「Website Mode」で、デフォルトでは「Reader」になっているのを「Standard」にチェックし変更しました。

これで、URLの後ろに/amp/と入れることもなく、全ての記事ページがワンソースでAMP化されたレスポンシブページになるので、より今の時代にあったAMP標準化となります。(トップページや一覧ページはこのプラグインのデフォルトの状態ではAMP化されません。)

他、AMP化した際に変更したことは、タグマネージャーのコンテナの種類をWebからAMPへ変更したこと。現時点ではまだアナリティクスのタグしか設定していなかったので、Webの方を削除し、新規でAMPのコンテナを作成しました。

あとは、先日審査通過したAdsenseの自動広告コード(審査用コードと同じ)はAMPサイトだとJavascriptでエラーになるため、AdsenseのAMP自動広告のコードに貼り換えました。

AMP自動広告コードは、左メニューの「プラグイン」から「プラグインの編集」を選択し、右上のドロップダウンリストのなかから、「AMP」を選択。右側に並んでいるファイルリストから、「templates」を開き、「html-start.php」を選択すると「html-start.php」のソースが表示されます。

最初に、</head>タグのすぐ上に、「<head>タグ内に設置するコード」を貼り付けます。

次に、<body =(省略)>タグのすぐ下に「<body>タグ 直下に設置するコード」を貼り付けます。

以上です。

今回のAMP化で行ったことは上記だけです。プラグインを使うといとも簡単にAMP化できます。

今後いろいろカスタマイズいていく中、不具合や修正が必要になることがあるかもしれませんので、その時はまた記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です