王道のSEOバイブル~Googleにどんどん好かれるための正攻法

Googleに好かれるサイト作り必見のマニュアルをついに公開!

完全なホワイトハットにもかかわらず面白いように検索エンジンで上位表示されるノウハウを大公開!

多くのアフィリエイターからの口コミの評判も良く、裏技ではなくあくまで正統派を貫く評価は非常に高く、SEO初心者から熟練者までお勧めできるバイブルです。

公式ページはこちら


王道のSEOバイブル

最近はSEOがどんどん難しくなってきている!

Googleの度重なるアップデートにより、SEO対策がよく分からなくなってきている人が大変多いことと思います。

Googleのアルゴリズムが高度化、複雑化し、最近はSEOがどんどん難しくなり、様々な都市伝説も大変多く出回っており、何を信じたらいいのかわからなくなるくらい情報が散乱しています。

しかし、SEO対策に関しては今も昔も変わらず、一つだけ普遍で最大のセオリーがあります。

それは、とにかく世界最大の検索エンジンGoogleに好かれることです。

Googleに好かれるというのは、Googleの利用規約に準じ、ユーザーにとって有益で満足させる良質なコンテンツにするということです。

一言でいえば完全ホワイトハットです。

自作自演で意図的にSEO効果を狙っただけのサテライトサイトからの被リンクや、コンテンツと無関係な検索されやすいキーワードを大量に盛り込んだり、その他スパム的なこと(ブラックハット)等とは一切無縁です。

Googleに好かれるサイト作りをしていれば、そんなことをせずとも自然に検索結果で上位表示されるようになります。

Googleに好かれる方法を知らなければ、たとえ1万文字以上のコンテンツを作成し、数百ページにも及ぶ大規模サイトを構築し、数百の被リンクを受けても、検索結果の上位表示はされず、まともなアクセスは集まりません。

検索結果の上位に表示され、しっかり稼げている一部のサイトアフィリエイターたちは、しっかりそのことを理解しています。

Googleに好かれるコンテンツの作成の前に

SEO関連のサイトを閲覧していると、今でも裏技的な手法で上位表示を狙うようなことを教えているサイトが非常に多くあります。

一昔前まではある程度それでも通用していたかもしれませんが、今ではまったく通用しません。

運よく一時的に上位表示されたとしても、いずれまず間違いなくサイトが圏外に飛ぶことになります。

事実、数年前に行われたGoogleの大規模なアップデートやペンギンのアップデートにより、毎月数百万円稼いでいたサイトがすべて飛んでしまったこともありました。

そういったサイトの共通点は、すべてブラックハットSEOをしていたサイトで、一時的に上位表示され収入が上がっていたが、継続的に安定的に稼ぐことができなかったということです。

こういったことを耳にすると、今後のSEO対策はどうしたらよいか、一見難しそうに感じるかも知れませんが、Googleがあくまで人ではなくロボットであるということを認識していれば、やるべき対策は意外と簡単に見えてきます。

まず最初に、やってはいけないことをやらない、やめるということから徹底することです。

日々アクセスに悩んでSEO対策に励んでいると、悪気はないけどいつのまにかブラックハットに手を出してしまっているケースがあります。

今現在このブラックハットに手を出してしまうと、ペンギンアップデートの際にまずサイトが飛ばされてしまいます。

また、SEO対策をあきらめて、PPCに移行したとしても、競争が激しく、費用もそれなりにかかるにもかかわらず、なかなか思うような結果が出ないこともあるかと思います。

そこでGoogleに好かれるコンテンツの作成にあたり、健全に、継続的に、安定的なサイト作りに必要不可欠となるのがこの「王道のSEOバイブル」です。

Googleにどんどん好かれるための正攻法「王道のSEOバイブル」の概要

「王道のSEOバイブル」は、「ライティング編」と「SEOテクニック編」の大きく2つに分かれております。

ライティング編

Googleのロボットがコンテンツの質を判断するにあたっては、キーワードや共起語、文字数等のサイトの内部要因よりも、サイトを訪問したユーザーの行動パターンを重要視しています。
検索結果から訪問したユーザーがしっかりそのコンテンツを最後まで読み(滞在時間)、そのままページを閉じるのではなく別サイトへ離脱するといった行動パターンをGoogleは、「検索結果に対してベストのアンサーを返したサイトである」という判断をし、その結果、「検索結果の上位に表示させるに値するサイトである」といった評価をするのです。
この「ライティング編」では、ユーザーがこのような行動パターンになるような文章作成の方法を解説しています。

  • Google好みのコンテンツかどうかの判断基準
  • リード文が悪いとGoogleに嫌われる理由
  • リード文をただの案内文だと思ってはダメです
  • 起・承・転・結の順番で書くと読んでもらえません
  • 漢字の多い文章はGoogleに好かれません
  • 離脱率が高くなる文字がびっしり詰まったコンテンツ
  • ダラダラと長いセンテンスは離脱率をアップさせます
  • 途中で離脱をさせずにどんどん続きを読ませる仕掛け
  • 苦労せずにらくらく長文コンテンツを書く方法
  • 共起語を意識して文章を書くのは本末転倒です
  • 売り込みばかりのページになっていないか
  • 外注のライターを使うときに知っておくべき大切なこと

(PDF版:76ページ 冊子版:76ページ)

SEOテクニック編

先のキーワードや共起語、文字数等のサイトの内部要因もSEO的にまったく影響がないわけではなく、検索順位に差がつくことがあるのも事実です。
Googleに好かれるコンテンツの作成という観点から、当然ながらサイトのタイトルや見出し(hタグ)は重要なポイントになります。
また、情報が散乱している様々なSEO対策の都市伝説についてもしっかりと解説し言及しています。

  • タイトルに関する都市伝説と間違いだらけのSEO対策
  • 直帰率なんてまったく気にする必要はありません
  • 発リンクはSEOに効果があることを証明するある実験結果
  • キーワード出現率はまったく気にする必要はありません
  • なぜ見出し(hタグ)はなるべく長いほうがいいのか?
  • 上位表示のために有料のテンプレートは必須なのか?
  • Googleに好かれるために画像選びはとても重要です
  • サイドバーにキーワードを入れすぎると本当に危険?
  • nofollowのタグのついた被リンクでもSEO効果はある?
  • 記事中に関連する記事への内部リンクを張り巡らすべし
  • パクリ防止のためにFetch as Googleを活用しよう
  • サーチコンソールを使った効果的な追記のテクニック
  • SEOの正解は1つではないことを証明する伝説のサイト
  • 自作自演の被リンクをあてることのリスクを考えてみる

(PDF版:78ページ 冊子版:78ページ)

以上、しつこいようですが、決して裏技的なものやマル秘テクニック的なものではなく、あくまでもGoogleに好かれるための正攻法です。

また、このマニュアルを必要とするような方のスキルを考え、あまりにも初歩的な用語の解説や仕組みなどはあえて割愛されているようなので、まったくの超初心者の方には向いてないかもしれません。

購入者限定スペシャル特典

  • 特典1:30日間のメールでサポート
  • 特典2:アフィリエイトで稼ぐコツ
  • 特典3:最新版マニュアルの無償提供

当サイト(ダツネット)総評

このマニュアルのコツをマスターするだけで、見違えるようなコンテンツにすることができます。

「SEOが難しく対策方法に悩んでる」「なんとかSEOで結果を出したい」と感じている人にとっては間違いなく必見のマニュアルです。

是非この機会に「王道のSEOバイブル」の正攻法で上位表示してたくさんのアクセスを集めてください!

公式ページはこちら


王道のSEOバイブル

当サイト独自評価:★★★★★
(※他サイトでの評判・口コミ・レビュー・評価等も参考)