WordPressカスタマイズ ガイド~テーマ・プラグインに頼らない

子テーマ運用、外部PHP読み込み、自作関数にチャレンジ!

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズで、テーマ頼り、プラグイン頼みでは、SEOもコンバージョンも不十分です。

この「WordPressカスタマイズ ガイド」では、子テーマ運用、外部PHP読み込み、自作関数にチャレンジして、集客と売上の上がるWebサイト作りを教えてくれます。

口コミサイト等での評判も良く、数あるWordPress(ワードプレス)のカスタマイズ関連ガイドの中でも評価の高いガイドです。

公式ページはこちら


WordPressカスタマイズ ガイド

テーマ・プラグインに頼らないWordPress(ワードプレス)のカスタマイズ

カスタマイズの方法は、WordPress(ワードプレス)の管理画面のテーマ編集でカスタマイズするのではなく、直接PHPファイルやHTMLファイル、CSSファイルを編集しますので、PHP、HTML、CSSの編集ソフトとファイルをアップロードするためのFTPソフトが必要になります。

Web作成のための編集ソフトは、「Dreamweaver」を使っている方が多いかもしれませんが、新規に用意するとなると無料のものからそれなりの価格がするものまで多くのソフトがありますので、事前に自分に合ったソフトかどうか、しっかり確認する必要があります。

また、PHP、HTML、CSSの編集ソフトには、「Brackets」や「Atom」、「Sublime Text」などがよく利用されています。

これらの編集ソフトとFTPが連携しているなら言うことはないのですが、編集ソフトで加工修正したファイルを、その都度FTPでアップロードするやり方も間違いが起こりにくいようです

ともかく、WordPress(ワードプレス)のテーマファイルをカスタマイズしたり、外部PHPを作成したり、それらをアップロードすることになりますので、マニュアルを購入するときは、事前にしっかりと確認をしてください。

すでに利用されているサーバーやテーマに問題がなければ、すぐにお好みのカスタマイズが実現できます。

「WordPressカスタマイズ ガイド」のアピールポイント

「タイトル」「抜粋・説明・description」「サムネイル」の3点セットはカード型をflexboxで実現

flexboxは、floatやpositionよりも使い勝手がよく、画像とテキストの並べ方や順番を好きなように変えることが簡単にできるようになります。
ユーザーの利便性目的やコンバージョン、しいてはSEO目的で変更や修正がしやすく、レスポンシブサイトには必要不可欠なモジュールです。
HTMLコード、class、子テーマのstyle.cssや外部PHPファイルのインラインCSSをほんの少し修正・削除・追加するだけで、デザインは自由自在に変更できます。

トップページ カテゴリー/タグアーカイブなどのフィードもflexboxを活用

カード型を複数並べるのもflexboxを活用しています。
大きさが違うものを並べることは少々ハードルが高いかもしれませんが、同じ大きさなら、レスポンシブにより、個別ページを好きな数だけ読み込んで並べることが自由にレイアウトできます。

同じカテゴリーや同じタグの関連コンテンツ

コンテンツの任意の場所に、アクセスして欲しいページへ、カード型(画像+テキスト)で内部リンクを設定し、個別投稿では、カテゴリーやタグをきっちり設定して関連コンテンツを表示することができます。
これらにより、ユーザーの利便性も格段に高まり、他のページへの遷移を促し、ページビューも増やすことができます。

人気ページやお気に入り

人気ページやお気に入りは、他のコードやソースを、かなり参照しているものの、独自の味付けがされ、詳しく解説されています。
人気ページは、ユーザーがよく見ているページを表示し、ユーザーにとっても発見があり、サイトオーナーにとっても、意外なページが閲覧されていることに気付くことができます。
お気に入りは、プラグインFavoritesが導入されています。
最大の難関は、ユーザーごとにお気に入りの一覧ページを作成することですが、この解決には、外部PHPファイル(インラインCSS付き)を配付する形がとられています。

「WordPressカスタマイズ ガイド」の5つの方針(SEOマニュアル SSL&モバイルと同様)

キーワード、内部リンク、ページ数を多く

SEOとコンバージョンをマックスにするため、子テーマ、外部PHP、自作関数で、キーワードと内部リンクをモジュール化させます。

トップページやカテゴリートップの検索不振対策

検索上位ページの研究から、URLやサイト構造を見直して、新しいカテゴリートップ/タグトップへカスタマイズします。

モバイルファーストの真相

カスタマイズしたスマホWebのソースをSEOのベースにし、正真正銘のモバイルファーストにします。

Webページをパーツに分解してコーディングはモジュールで

カード型モジュールをflexboxにするため、子テーマ、外部PHP、自作関数でカスタマイズします。

ユーザー利便性とSEOの二刀流

スマホ画面でユーザー利便性を追求し、その裏付けでSEO対策も行います。

これら5つの方針を重点的に記載されています。

「WordPressカスタマイズ ガイド」の内容(抜粋)

  • スタート編:WordPressの初期設定と事前設計など(70ページ)
    • カスタマイズ ガイドの方針
      • 第1方針:キーワード、内部リンク、ページ数を多く
      • 第2方針:検索の不調/不振とURL
      • 第3方針:モバイルファーストの真相
      • 第4方針:Webページをパーツに分解してSEO施策はモジュールで
      • 第5方針:ユーザー利便性とSEOの二刀流
    • WordPressの初期設定
    • WordPressサイトの事前設計
      1. タイトルと説明文とサムネイル
      2. 【重要】カテゴリー:URLとサイト構造
      3. コアアップデート対策としてリベンジサイトで成功した事例
      4. 個別投稿の設計
  • カスタマイズ編:子テーマ運用 外部PHPファイル 自作関数(190ページ)
    • 子テーマのfunctions.phpなどでカスタマイズ
    • 自作PHP読み込み
    • ショートコード:phpが書けない場所で
    • 子テーマファイルとカスタマイズの実例
    • カテゴリー関連
    • タグ関連
    • OGP設定
    • ヘッダー箇所/フッター箇所
    • カテゴリートップ/タグトップをカード型で構築
    • カスタマイズ実践
    • その他
    • カード風デザインの完全版ソースを取得するチップス
    • 個別投稿/固定ページ/カテゴリー/タグ 情報一覧
  • 付録:プラグインなどを紹介(120ページ)
    • プラグインの簡単な紹介
    • 人気記事を表示
    • お気に入り機能:Favorites
    • WP All Importで CSVのインポート
    • パソコン ブラウザーで確認
    • 実機(スマートフォン デバイス)で確認
  • サンプル集:flexbox / UI/UX / フッターナビゲーション(SEOマニュアル コアアップデート対応 共通)
    • flexbox
    • UI/UX
    • ナビゲーション

当サイト(ダツネット)総評

プラグインを多用したカスタマイズは、使用するプラグイン同士の相性や、サイトが重くなったり、不具合が生じたりなどといった問題が発生しがちです。

しかし正しい知識をもって、ソースを直接編集するやり方にはそういった問題は発生しません。

また、WordPress(ワードプレス)の既存のテーマや編集機能では物足りない、実現したいことができない、と思っている方は、これらの内容を網羅しているこの「WordPressカスタマイズ ガイド」で、是非この機会に思い通りのオリジナルのWordPress(ワードプレス)にカスタマイズしてください!

公式ページはこちら


WordPressカスタマイズ ガイド

当サイト独自評価:★★★★★
(※他サイトでの評判・口コミ・レビュー・評価等も参考)

2020年8月30日WordPress